ゾビラックスは、アシクロビルを有効成分とする抗ウイルス薬であり、性器ヘルペスや口唇ヘルペスの 治療だけで無く、帯状疱疹や水疱瘡の治療にも有効です。
ゾビラックスは、有効成分のアシクロビルがヘルペスウイルスのチミジンキナーゼにリン酸化されると共に、更に宿主細胞内キナーゼによってアシクロビル3リン酸にリン酸化されます。
DNAポリメラーゼの基質のデオキシグアノシン3リン酸の代わりにDNA鎖に取り込まれる事でヘルペスウイルスの増殖を抑制します。
デオキシグアノシン3リン酸は、他のDNAポリメラーゼの基質であるデオキシシチジン3リン酸とデオキシチミジン3リン酸と絶妙なバランスを維持しています。
アシクロビル3リン酸がDNA鎖に取り込まれる事でDNAポリメラーゼの基質のバランスが大きく崩れ、ヘルペスウイルスのDNAの複製やDNAの伸長が停止し症状の改善が期待出来ます。

ゾビラックスによるヘルペス治療は、有効成分のアシクロビル換算で200mgを1回の服用量とし、1日5回の服用を5日間程度継続します。
ゾビラックスは、選択的に感染細胞に医薬効果を及ぼす事から正常な細胞に対する負担が少なく安全な医薬品ですが、下痢や頭痛、発疹などの副作用を発症する事もあります。
ゾビラックスは、必要最低限の医薬成分濃度を維持する事で医薬効果を高める時間依存性の薬物なので治療中は腎臓から医薬成分が排泄されています。
腎機能の低下している高齢者や慢性腎不全患者への投与は昏睡や錯乱などの精神神経系の症状を呈するアシクロビル脳症を発症するリスクが危険視されています。
アシクロビルは、溶解度を超えると再結晶する事から非常に細い尿管に狭窄や閉塞を引き起こし閉塞性腎症を発症させる事もあり、ゾビラックス服用中は出来る限り水分摂取を心掛ける必要があります。
ゾビラックスは、尿酸排泄促進薬のプロペネシドやアシクロビルの排泄を抑制するシメチジン、中毒の発症が懸念されるテオフィリンなどの医薬品との併用は禁忌とされる抗ウイルス薬です。

ゾビラックスには飲み薬の他に塗り薬・注射薬もある

アシクロビルは抗ウイルス剤として水疱瘡や帯状疱疹などのさまざまなヘルペスウイルスに対して効果を発揮することが可能です。
ゾビラックスの主成分で治療薬には飲み薬や注射薬・塗り薬などがあります。アシクロビルの塗り薬はドラッグストアでも販売されているので便利です。

ヘルペスウイルスは子孫を増やすことができないので感染した細胞の力を借りて増殖しますが、従来この増殖を抑える医薬品は感染した細胞に害を及ぼすなどの問題がありました。
アシクロビルはウイルスだけを抑制して感染した細胞に害がないという画期的な医薬品として話題になっています。
ウイルスは遺伝情報DNAが複製されることから増殖し、DNAは核酸構成成分などを取り込んで複製します。
アシクロビルは核酸構成成分とよく似た構成をしているので、複製を阻止することが可能です。

ゾビラックスは痛みや発疹といった皮膚表面の症状などを改善することができ、正常な細胞より感染した細胞が細胞内に入りやすいので対象だけを効果的に抑制することができるのです。
ヘルペスウイルスは幼児期において周辺の大人からのスキンシップで感染したり、水疱瘡などでも感染することがあります。
このウイルスは除去されず神経細胞の中に潜伏し、潜んでいるウイルスは例えば免疫力が低下したり、ストレスなどのきっかけで再発することが多くあります。

アシクロビルは潜伏しているウイルスに効果がありませんが、再発した時にウイルスの増殖を抑制するための初期段階において使用するのが最も効果的です。
ある程度増えてしまうと回復するのに時間がかかり、ケースによっては重症化することがあるので回復期間が大幅に遅れることもあるでしょう。
いくつか副作用があるので事前に確認することをおすすめします。

また、ゾビラックスは通販で購入することも可能となっています。通常通販であれば10日前後で手元へ届きます。
ヘルペスに感染してから購入では10日前後は治療せず放置してしまうことになりますから、感染前にゾビラックスは通販で準備しましょう
特に再発を繰り返したりなど何度もヘルペスに感染してしまう方には通販でゾビラックスを購入することは非常に便利なものと言えます。