医師に相談する女性

バルトレックスの副作用としては、頭の痛みや眠気などの意識障害・精神変調、腎臓機能の低下などがあげられます。
これらの重大な事項に結び付きやすい症状が出た場合には、すみやかに医師に相談してください。
症状を報告して病院の受診をすることをお勧めします。

バルトレックスは病院で処方される、効果がめだつ抗ウイルス薬です。
普通に特筆すべき副作用はみられないのでヘルペスなどの治療薬として承認されているお薬です。
しかし、薬である以上多少の副作用が出ることは避けられません。
バルトレックスは安全性を認められヘルペスの治療には第一選択で使用されます。
それはあくまで用量や用法を適正に守ったうえでの安全であることを忘れてはいけません。
用量や用法が違えば、症状が急速に進行する恐れが高まることになります。
絶対にあってはならない事態だという事をまず理解してください。

たとえば、水疱瘡を発症したときには幼児にもバルトレックスは使われます。
幼児が大人と同じ量を服用すれば過剰摂取になってしまいます。
すみやかに、重い副作用を引き起こす恐れがありますから上記症状が出たらすぐに病院の受診を受けて詳しく起こっている事実を医師に説明する必要があります。
重くなっては間に合わない重症にいたることもありますので速やかな対応が必要になります。

アレルギーがあったりして重篤な副作用が引き起こされてしまうこともあります。
重篤な副作用としては、急性腎不全の初期症状や意識障害・アナフィラキシーショック、肝臓障害などがあげられます。
これらの副作用が認められる場合には、すぐにバルトレックスの使用をやめることが大切になります。
これらが進行すると血圧低下などの症状がでてくることもありますので緊急対応をとって、医師の診断を受けるようにしてください。
特にショック症状がみられるようであれば重篤な事態が考えられますので病院に速やかに運ぶことが第一にするべき処置になります。

副作用が治まらない場合は必ず病院を受診する

バルトレックスは比較的副作用が少ない安全性の高いヘルペスの薬ですが、どんな薬でも副作用を引き起こす危険性はあります。
症状や目的に合わせて服用方法や分量を変える薬なので、自分のヘルペスのタイプを知ってから服用することが大切です。
バルトレックスには意識障害や精神変調、腎臓機能の低下などの副作用が懸念されるので、こうした症状が治まらない時はすぐに病院を受診することが大事です。
重篤な副作用が現れた時は医師に相談することが重要で、症状をきちんと報告すれば適切に処置してくれます。

バルトレックスは、特定の部位に症状が現れる単純ヘルペスや、帯状に広がる帯状疱疹、水疱瘡の治療などに有効です。
性器ヘルペスの再発防止にも効果的で、毎日服用すると再発抑制効果も期待できます。
ただ服用量を間違えると重篤な副作用が現れる可能性があるので、飲む量は必ず守る必要があります。
帯状疱疹の患者の場合、肝臓や腎臓に影響を及ぼす可能性があり、服用の際に強い倦怠感や尿が茶色になった時は要注意です。
食欲不振やむくみ、血尿や頻尿などの症状が現れた時は腎不全を引き起こす可能性があります。
これらの副作用が治まらない時はすぐに服用を中止して、病院に行って医師に相談しましょう。

バルトレックスは子供でも服用できる安全な薬ですが、用法を間違えるとアナフィラキシーショックや急性腎不全、精神神経症などの副作用を引き起こすことがあります。
特にアナフィラキシーショックは危険で、じんましんや腹痛、息苦しいなどの症状のほか、急激に血圧が下がって意識が薄れるなどのショック症状が出現します。
場合によっては死に至る可能性があるので、症状があらわれたらすぐに病院へ行くことです。